DIY暦0年ピザ釜編 そのなな

2012年 06月 11日

チャオ。

ボンヌブルーです。

 

とうとう今年も梅雨の時期がやってきてしまいました。例年よりも、ちょっと遅めです。

じめっとして、夜は寝苦しい。引き篭りがちになるのでストレスも溜まる。良いことなんて何も無い、嫌な季節です。

特に我が家は、立地上デフォルトで湿気が高いのでカビルンルンが生い茂りやがります。

 

さて、ピザ釜の状況は以下のようになっています。

一週間寝かせた「焼き床」用の石板を型枠から取り外して…本体に設置。

そして、これが全体像です。なんかもう…できたっぽい感じです。

 

次に、扉を設置したいのですが、例のごとくノープランだったので

扉を木材にするのか鉄板にするのか、どうやって付けるのかまったく分からんので

とりあえずスルーして、火を入れてみることにしました。

「オガライト」を1本投入。激しく燃えます。

 

ここまできたら「ピザ」も焼いてしまえ!てな具合でピザ投入。

※「ピザピール」が無いので出し入れに苦戦しました。

 

5分くらいで、いい感じに焼けました。そして長女と嫁と3人で食す。

 

「ボーノッ!!うんま~っ!」 「普通においしいんですけどー!」

外側がカリッと焼けて、内側までしっかり火が通ってるし手作りのピザソースもええ感じやん。

 

なんかもう、二層式である必要あるのこれ?扉作る必要あるのこれ?

現状のままでも良さげなくらいピザの出来栄えに満足してますが、

せっかくなので、次こそは扉の設置にチャレンジしてみようと思います。

 

次回へ続く

 

DIY暦0年ピザ釜編 そのろく

2012年 06月 03日

どうも、どうも。凡ブルーです。

ココ最近、仕事が忙しかったので久しぶりの更新になります。

前回は、天井を積むところまででした。

寸法ミスで天辺のレンガが納まらないという事態になってたがタガネとグラインダーでレンガを削って、強引にはめ込みました。

で…。現在は、以下のような状態になってます。

 

正面

側面

 

だいぶ形になってきました♪テンションあがる~♪

※両方とも指が入ってるのは、別に狙ったわけではないですよ。雑なだけです。

 

今回は、「焼き床」の作成と煙突の設置にチャレンジしました。

まず「焼き床」は、余った資材で型枠を作ります。

 

そこにペースト状にした「アサヒキャスター」を流し込みます。

この時点で先に購入していた「アサヒキャスター」を全て使い切っていたので追加で2袋購入しました。

※「アサヒキャスター1袋」25kgで約3,900円、送料含めて4,000円越えするのでかなり高い。

割れると痛いので1週間放置して強度を高めてみようと思います。

 

次に煙突です。

曲がってるやつと真っ直ぐのやつと天辺のやーつ。全て100Ωでーす。

これに耐熱塗料スプレーを2回に分けて重ね塗りしときます。

煙突設置部分の施工です。

これが一番大変でした…。よく見ると天井内側の目地が隙間だらけだったので埋める作業も合わせて行いました。

狭くて圧迫感があるうえに、馴染まないセメントが「ぼとぼと」と落ちてくるのでかなり苦戦しまいした。汗。

そして、煙突の設置も完了。背面です。

 

ここまでくると完成間近?次回は、火をいれてみようかな…。