DIY暦0年ピザ釜編 そのはち

2012年 07月 18日

どーもー。

草抜きが趣味の凡ブルーです。

 

前回の投稿から1ヶ月以上たっちゃいました。

梅雨で作業が停滞することもあったけど、

あれから、色々あってピザ釜は、今このようになっています。

 

 

そして、これが横。

 

扉です。アンカーボルトでとめました。

隙間ができてしまったので余ったレンガをクランプで密着させてセメントで接合しました。

 

ところどころ、いびつな部分があるけど大丈夫。

ピザは、しっかり焼けますから。

これで、いつでも友人や家族を招いてピザパーテーができる。キリッ

 

さて、今まで8回にわたってDIY暦0年の私がピザ釜作成にチャレンジする活動をお伝えしてきましたが今回をもってこのコーナーを最後とします。

ドライバーと金槌くらいしか扱えなかった私ですが、このピザ窯作成を通じて左官やグラインダー、マルノコなどを使う機会ができました。DIY暦0年から暦約4ヶ月にすこし成長したわけです。まだまだ素人ですが…。

 

また、不思議なめぐり合わせで

最近、エクステリア・ガーデン業のお客様からホームページ制作のお仕事いただくことになりまして、

ピザ窯作成で得た経験がインスピレーションとなってデザインやサイト仕様にいかんなく発揮されています。

私にとってピザ窯作成は、無謀な挑戦で時間とお金のかかる趣味(あそび)でしたが

遊びの中から得られるアイデアは、必ずあると改めて確信が持てる経験となりました。

ピザ窯作成はこれで終わりですが、これからも興味のあること楽しいことは積極的にチャレンジしていこうと思います。

 

それから、ピザ釜作成の参考にと思って訪れた方、ほんとうにすみません。

最初から繰り返してきたとおり、ネタとかではなく本当にDIYど素人の記事なので説明不足もあれば施工方法もめちゃめちゃなので参考にしないでくださいね。

参考にするなら「ピザ窯・パン窯の作り方 DIYseriesドゥーパ!特別編集」を読んでください。

私は、この一冊にほんとど頼っていました。

 

それでは、またの機会に

 

 

関連記事

  1. DIY暦0年ピザ釜編
  2. DIY暦0年ピザ釜編 そのに
  3. DIY暦0年ピザ釜編 そのさん
  4. DIY暦0年ピザ釜編 そのよん
  5. DIY暦0年ピザ釜編 そのご